【Edoverse】江戸バースとは?買い方、始め方、申込み方を徹底解説!

NFT

今話題のメタバースについて、日本でも新たなメタバース空間「Edoverse(江戸バース)」の開発が進められています。今回はそんな「「Edoverse(江戸バース)」とは何か? 始め方や買い方について解説していきます。

Edoverse(江戸バース)とは?

Edoverse(江戸バース)とは、独自トークンや NFTによるあらたな経済圏を構築し、ユーザーがメタバース(仮想空間上に)江戸の町を作り事業を通じて経済圏を拡大や、日本文化・芸術の理解促進に繋げれるゲームのことを指します。

ゲーム内では、土地NFT・道具NFT・武器NFTや独自通貨「Edo Coban」「 Edo Zeni」が発行され様々なものの売買や、道具・武器を使い野生動物や悪霊を倒したり、建物の構築ができるとの情報が発表されています!

Edoverse(江戸バース)のコンセプト

Edoverse(江戸バース)のコンセプトは、Edoverse(江戸バース)を運営する会社「Shinwa Wise Holdings 株式会社 」より明確なコンセプトが発表されています。

現代に都市・江戸が存在する仮想空間として、日本文化・芸術への理解を促進しつつ、貧困問題を解決するメタバースの構築と運営をおこない、教育格差・貢献者への永続的な経済的価値の還元、貢献者全員にチャンスを付与して、ユーザーにとっての第二のふるさとを提供し、NFTアートコレクション・取引を通じて、文化の発展に寄与しつつ、イノベーションを促進します。

Shinwa Wise Holdings 株式会社 事業計画より
https://www.shinwa-wise.com/news/others/3800/

Edoverse(江戸バース)のゲーム概要

では、Edoverse(江戸バース)はどのようなゲームになるのでしょうか?簡単に解説していきます!

まずは、ユーザーはEdoverse(江戸バース)内で表示される自身のアバターを作成するか、NFTとして購入し、次に2022 年 7 月から販売がスタートするEdoverse(江戸バース)内の江戸城の周りの土地 NFT を購入するところからゲームは始まります。2023年にEdoverse(江戸バース)が本格稼働後は、自身が手に入れた土地内で手に入る武器NFT・道具NFTを活用し、土地内に出てくる野生動物・悪霊などを倒すことで、建物の建築などが始められるようです。その後、自身が持っている道具や武器、建物などを売買や賃貸などをすることができます。結果として、仮想空間の中で江戸城を中心に、江戸の町を作り上げ、そこで様々な経済活動を行い、経済圏を拡大するゲームです。

ゲーム概要

  1. Edoverse(江戸バース)内で利用するアバターの作成・購入
  2. Edoverse(江戸バース)内の土地NFT の購入
  3. 土地NFT内で武器・道具NFTの獲得
  4. 武器NFTを活用し、土地内の動物や悪霊の退治
  5. 道具NFTを活用し、建物の構築
  6. 手に入れた武器・道具、構築した建物の販売・賃貸など経済活動・商売の開始

Edoverse(江戸バース)の独自通貨

冒頭でも少し話題に上がったEdoverse(江戸バース)の独自通貨について解説していきます。Edoverse(江戸バース)では、イーサリアム規格のERC20により、Edo Coban Edo Zeniを発行し、独自のトークン運営を行います。この2つの通貨がどのような場面で利用されるのでしょうか?

Edo Coban
Edo Cobanは、主に江戸バース内でのロールの変更、他藩への移動、コミュニティ投票に用いられ、江戸バース内での重要な行動により稼得可能で、Edo Zeniよりも稀少な貨幣。

○Edo Zeni
Edo Zeniは、主に江戸バース内での一般的な購買活動にあたっての決済・売買に用いられ、江戸バースでの一般的な貢献により稼得可能で、江戸バースの中で最も流通するトークン。

小判と銭で貨幣・トークンの価値が分けれているのがリアルで面白いですね!

Edoverse(江戸バース)の買い方・始め方・申込み方

Edoverse foundationは、7月1日午前12時より日本円により土地NFTの購入申込みを開始しました。しかし、実際にはアクセス数過多により開始が午後2時2分に江戸バースの申込みがスタートしました。人気や申込み状況を見るとユーザーの期待値の高さが見えてきます!

ではどのように江戸バース内の土地を購入するのでしょうか?
買い方・始め方・申込み方を解説していきます。

Edoverse(江戸バース)の買い方・始め方・申込み方

  1. Edoverse.ioのサイトに出てくる申込みGoogleフォームに
    必要情報を記入して申込みを行います。
    ※メタマスクの入力画面がありますので、事前にご準備ください。
  2. フォーム入力後、申込みが完了した方は、7月5日までに銀行口座に
    購入代金(購入個数×82,500円)の振込が必要になります。
    ※振込手数料は送金負担者


○注意事項
購入数と振込金額が異なる場合、申込み記載ミスがあった場合は、
お申し込みが無効となります。その場合は、速やかに返金となります。

○振込先
公式サイトの情報をご確認ください。

現在のEdoverse(江戸バース)の申込み 最新情報

最新情報

7月1日:午後2時2分にEdoverse(江戸バース)土地NFTの申込みスタート
7月1日:午後3時12分に申込み受付終了
7月7日:日本時間午後4時7分に江戸バース財団によるUSDCでの土地NFTの販売開始
7月13日: 2022年5月期末時点で議決権を持っている株主に、
刀(カタナ)の NFT を付与を発表。

刀NFTの付与について 詳細

Edoverse(江戸バース)での刀NFTの配布については、公式から下記発表が出ています。

この度、2022年5月期末時点で議決権をお持ちの株主の皆様に、以下の内容で、刀(カタナ)の NFT を付与させていただきます。なお、取得する方法の詳細につきましては、8月発送予定の招集ご通知にご案内を同封いたします。そちらをご参照ください。

保有株数
100 株〜999 株 刀(カタナ)1本
1,000 株〜9,999 株 刀(カタナ)2本
10,000 株〜49,999 株 刀(カタナ)3本
50,000 株〜99,999 株 刀(カタナ)4本
100,000 株以上 刀(カタナ)5本

刀(カタナ)NFT は、ひとつひとつ異なる作品として製作されるアップグレーダブルの ERC721 の規格で生成される NFT で、アップグレードする際に刀(カタナ)NFTに、切れ味、覇気、妖気等の固定値を付与し、将来、仮想空間 GameFi の「Edoverse(江戸バース)」において活用できるよう設計してまいります。刀(カタナ)NFT は、将来、NFT 取引プラットフォーム上で売買が可能となる予定です。

https://www.shinwa-wise.com/news/others/4126/

株数に応じて、刀NFTの付与本数が異なり、今後刀のアップグレードができたり、NFTマーケットプレイスへの出品ができるようになるとのことです。

今後のEdoverse(江戸バース)スケジュール

今後のスケジュールとしては、下記スケジュール間でEdoverse(江戸バース)が正式にリリース・稼働していくと発表されています。

■2022年
2月:プロジェクトキックオフ・発表
4月:要件定義開始・リーガルストラクチャー確定
ホワイトペーパー公開・ランディングページ公開
5月:江戸バースコミュニティオープン・3Dデザインコンセプト確定
7月:Edo Coban及びEdo Zeniの発行
土地NFT販売開始
12月:プロダクトテスト
アートコンプレックス組み込み
■2023年
1月―3月:【江戸バース】非公開版試作版開始
4月―12月:【江戸バース】公開版試作版開始・実証実験
12月末 :【江戸バース】ゲーム正式開始

https://www.shinwa-wise.com/wp-content/uploads/2022/05/28c73bc84781f1b117a3f571eb059e1f.pdf

この記事のまとめ

この記事では、Edoverse(江戸バース)とは、Edoverse(江戸バース)の買い方・始め方・申込み方について解説してきました。この記事をまとめると以下の内容に要約できます。

Edoverse(江戸バース)とは
独自トークンや NFTによるあらたな経済圏を構築し、ユーザーがメタバース(仮想空間上に)江戸の町を作り事業を通じて経済圏を拡大や、日本文化・芸術の理解促進に繋げれるゲームのこと。

Edoverse(江戸バース)の買い方・始め方・申込み方
Edoverse.ioのサイトに出てくる申込みGoogleフォームから申込み。
フォーム入力後、申込みが完了した方は、7月5日までに銀行口座に
購入代金(購入個数×82,500円)の振込が必要。 ※振込手数料は送金負担者
○振込先
公式サイトの情報を確認。

コメント

タイトルとURLをコピーしました