今話題のNFTは稼げる?稼ぎ方をご紹介!

NFT

最近、ニュースにも出てくるなど何かと話題になっているNFT。小学生が自由研究で数百万円稼いだや、1つのデジタルアート作品が何億円の値がついたなど事例は後を絶ちません。

今回は、皆さんが気になっているNFTでどのような稼ぎ方があるのかについてご紹介していきます。

NFTを始めるには、取引用の仮想通貨「イーサリアム」が必要になります!まだ仮想通貨取引所の口座を持っていない方は、アプリダウンロード数No.1のCoincheckが非常におすすめです!

NFTで稼ぐ方法3選!

ではどのように稼ぐ方法があるのでしょうか?結論からお話していくと稼ぎ方は以下になります。

  1. 自身のNFTアート作品を作って稼ぐ
  2. 他社のNFTアート・作品を投資・売買する
  3. NFTゲームで稼ぐ(ゲーム内のカードの売買、ランニングアプリなど

自身のNFTアート作品を作って稼ぐ

まず一つ目は、自分の作品を販売するということです。通常の絵画と同様に、デジタルで作品を作成し、それをNFTマーケットプレイスに出品し、値段をつけることで売り出すことができます!

ではどのようなものが NFTアートとして出品できるのでしょうか?

NFTアートの作成方法・フォーマット

NFTアートは、皆さんもよく知るphotoshopやIllustratorや動画編集ソフトなどで作成することができます。NFTアートの対応フォーマットは以下になります。

画像・写真:JPG, PNG, GIF, SVG
動画・ビデオ:MP4, WEBM
音楽・音源:MP3, WAV, OGG
3Dモデル:GLB, GLTF
※最大ファイルサイズ:40MB

ハイクオリティな絵じゃなきゃ売れないでしょと思っている方も多いかもしれませんが、そんなことはありません!スマホアプリでも作れるドット絵でも有名作品がたくさんあります。

https://www.larvalabs.com/cryptopunks

NFTアートの作品例

ではNFTアート作品が売れた事例は、どのようなものがあるのでしょうか?

世界最高額のデジタルアート!75億円で落札! 「Everydays – The First 5000 Days」Beeple

ビープル(Beeple)と呼ばれるアーティストのデジタルアート作品が約6935万ドル(約75億円)という金額で落札され、世界最高額のデジタルアート作品として一躍話題に上がりました。

NFTで75億円が稼げる夢の時代ですね・・・

史上最高額のNFTアート落札した「シンガポールの謎のファンド」
3月11日に終了したクリスティーズのオークションで、ビープル(Beeple)と呼ばれるアーティストのデジタルアート作品が約6935万ドル(約75億円)という驚異的金額で落札された。この作品はNFT(ノン・ファンジブル・トークン)に基づいたア

インドネシアの大学生!5年分の自撮りが1億円に!?

インドネシアの大学でコンピューター・サイエンスを学ぶ、22歳のSultan Gustaf Al Ghozaliさんが、18歳から22歳までの5年間、毎日撮り溜めた自撮り写真をNFTアートして出品し、1,000枚ほどの写真が売れ、価格が上がった結果合計100万ドル(約1億1400万円)に到達しました。

その結果、日本人の生涯年収平均の半分を自撮りで稼いでしまうという衝撃的な作品でした!
作者のツイートを引用すると「今日は230枚以上売れた。今でもどうしてみんなが自分のNFT写真を買いたいのか理解できないよ! でも、ありがとう。5年間の努力が報われた」作者自身も自分の自撮りがここまで売れると思わず、びっくりしているのが伝わります。

小学生の自由研究が380万円に!Zombie Zoo Keeper(ゾンビ飼育員)

今回の事例は、日本の小学生が自由研究でNFTアートに挑戦したところ出品した作品が最高で2ETH(約80万円)で落札!合計で380万円を売り上げ一躍話題になりました!

【NFT狂想曲】なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか
デジタル作品を唯一無二のものとして証明できる「NFT」。ドット絵をNFTとして売ってみたある小学3年生のアート作品には、今300万円以上の価値がつけられている。

12歳の少女がNFTで1億1億8000万円超を売り上げる

12歳の少女ナイラ・ヘイズ(Nyla Hayes)は、『ロング・ネッキー(Long Neckie)』、ロング・ネッキー・レイディーズ(Long Neckie Ladies)』、『ロング・ネッキー・フェラズ(Long Neckie Fellas)』などのコレクションをリリースし、ナイラの作品はプライマリーとセカンダリーのマーケット両方で1394ETH分の売り上げを生み出している。

12歳の少女がNFTアートで1億8000万円超を売り上げるまで。51作品を販売、9歳の時の絵も
12歳のナイラ・ヘイズは、NFTアートを制作・販売し、細長い首を持つ人物のポートレートシリーズで約1億8000万円を売り上げています。その制作過程や販売の背景をナイラが明かします。

NFTアートの出品方法

続いては、作成した作品を出品する方法について解説していきます。
出品は以下の方法で出品できます。

  1. NFTマーケットプレイスに登録
  2. 仮想通貨取引所の口座を登録する
  3. ウォレットを作成する
  4. ウォレットに取引に必要な仮想通貨を送金(イーサリアムなど)
  5. NFTマーケットプレイスで価格などの販売条件を設定
  6. 出品・アップロード

出品方法やNFTアートについて詳しく知りたい人は下記記事がおすすめです!

稼げる可能性のあるおすすめのNFTマーケットプレイス

NFTマーケットプレイスとは、作成したNFTアートを出品したり、その他の利用者同士がNFTアートを仮想通貨(イーサリアム)で売買できるプラットフォームのことをさします。
人気のNFTマーケットプレイスは以下の通りです。

人気のNFTマーケットプレイス

  • OpenSea
    【海外】世界最大級のNFTマーケットプレイス
  • Coincheck NFT(β版)
    【日本国内】仮想通貨取引所のCoincheckが2021年3月にそのサービスを開始し、取引所とNFTマーケットプレイスが一緒になったサービスです。
  • Adam byGMO(β版)
    【日本国内】Adam byGMOは2021年8月にGMOアダム株式会社がサービスを開始。
  • Rarible
    【海外】Raribleは2020年にRarible社(アメリカ)が開始したサービス。
  • SuperRare
    【海外】SuperRare社(アメリカ)が運営するサービス。
  • nanakusa
    【日本国内】日本初となるNFTマーケットプレイス。

まずは上記のサービスに登録を行います。

仮想通貨取引所の口座を登録

次に取引に必要な仮想通貨(イーサリアム)を手に入れるために仮想通貨取引所の口座開設します。
日本国内でおすすめの仮想通貨取引所は以下になります。

おすすめの仮想通貨取引所

  • Coincheck
    2014年8月に運営を開始し、東証一部上場企業「マネックスグループ」が運営する仮想通貨取引所。
  • bitFlyer
    株式会社bitFlyerが運営するビットコイン取引量国内No.1の仮想通貨取引所。
  • DMM Bitcoin
    「DMMグループ」を親会社に持っている仮想通貨取引所
  • GMOコイン
    「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている仮想通貨取引所

まずは、一番人気のCoincheckで口座開設を進めてみましょう!

他者のNFTアートを売買・投資する

自身でNFTアートを作る以外ではどのような稼ぎ方ができるのでしょうか?
結論をお話すると、値段が上がると見込み安く買った作品を高値がついた際に売却するというものです。通常の株式投資などをイメージしてもらうのがわかりやすそうです。

具体例

先ほどの作品例の中にあった、インドネシアの大学生の作品を例に上げて考えてみてください。
もともと、写真1枚340円で販売していたものが、有名シェフが写真を購入し、自身のソーシャルメディアで紹介したところ数日で400人以上が写真の所有権を購入し、需要増に伴い14日には1枚の価格が暗号資産(仮想通貨)価格で0.247イーサリアム(Ethereum、約9万1800円)に高騰し、価格は約270倍にも跳ね上がったのです。

340円で仮に100枚の写真を購入していた場合、918万円まで価格が上がり、約900万円の利益がでていたということになります。

値上がりしそうな作品をいち早く見つけ、購入する。簡単なようで、売れないと思っていた自撮り作品が売れたり、予測不能なことがNFT投資の面白みかもしれません。

NFTアートの売買・投資方法

  1. NFTマーケットプレイスに登録
  2. 仮想通貨取引所の口座を登録する
  3. ウォレットを作成する
  4. ウォレットに取引に必要な仮想通貨を送金(イーサリアムなど)
  5. NFTマーケットプレイスで作品選定
  6. 購入

NFTゲームで稼ぐ

NFTゲームでは、ゲームをする中で手に入る、レアキャラクターやゲーム内の土地・アイテム、ゲームに付随するトークン・仮想通貨銘柄などが稼ぐ方法として存在します。

○レアキャラクター・アイテム、ゲーム内の土地で稼ぐ
○ゲームに付随するトークン・仮想通貨で稼ぐ

NFTゲームおすすめ10選

ではどのようなNFTゲームがあるのでしょうか?筆者が稼げる可能性のあるおすすめのNFTゲームを10個おまとめしました。

10個のNFTゲームの中でも特に有名な5つを詳しくご紹介します!

Axie Infinity(アクシー・インフィニティー)

Axie Infinity(アクシー・インフィニティー)とは、仮想通貨が稼げるゲームのことです。世界で最も人気のあるDAppsの1つです。東南アジアでは、このゲームで生計を立て始める人も続出しているアプリになります。日本でいうポケモンをイメージしてもらうのが近しいかもしれません!

ゲーム概要:ゲーム内に出てくるアクシーというモンスターを育成・対戦・取引などをするゲームになります

初期費用:はじめに3体のアクシーを購入する必要があり、数万円〜数十万円ほど
初期費用をゼロにする方法:アクシーを借りることも可能!

Sorare(ソラレ)

Sorare(ソラレ)とは、実在するサッカー選手のカードを使ってできるNFTゲームのことです。ソラーレの場合、実際の選手の活躍に応じてカードの価値が変動します。ですので、所有しているカードの価格が上昇したタイミングで売却し、利益を得ることも可能です。

ゲーム概要:実在する5人のサッカー選手でチームを編成し、他のユーザーと戦います。
実際の試合スコアがゲーム内のスコアへ影響を及ぼします。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

The Sandboxとは、メタバースと呼ばれる仮想空間上に土地を購入することで、オリジナルのゲームやアイテム、キャラクター、サービスを作成することができます。マインクラフトのようなイメージを持っていただくが近しいかもしれません。

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)とは、カードを自由に売買・発行できる次世代のNFTカードゲームです。2019年6月25日に正式リリースし、売上金額は初日で600ETHを突破し、日本最大級のブロックチェーンゲームです。

My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)

My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)とは、2018年にリリースされた日本のNFTゲームです。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。今回は、NFTで稼ぐ方法について解説いたしました。
まとめとして、稼ぐ方法は以下3点になります。

  1. 自身のNFTアート作品を作って稼ぐ
  2. 他社のNFTアート・作品を投資・売買する
  3. NFTゲームで稼ぐ(ゲーム内のカードの売買、ランニングアプリなど

コメント

タイトルとURLをコピーしました